詳細な現場別工事台帳に基づく、正確な月次決算書から経営者が本当に知りたい情報を 毎月提供いたします。
決算直前には経審対策・節税対策・金融機関対策をトータルサポートいたします。
-追加料金はかかりません-




Q・月次決算をしても、決算直前月の利益と決算額が毎年大きく異なるのであまり役に立っていないのですが。
Q・現場別工事台帳を作成するとどの様なメリットがあるのですか。
Q・最近は不景気で、赤字続きですが現場責任者には危機感がなく、有効な対策が立てられないのですが。
Q・決算の数字がでないのに、節税対策や経審対策など本当にできるのですか。
Q・経審の評価はかなり複雑そうですが、対策などできるのでしょうか。
Q・建設業許可申請は税理士に頼むのが一番お得だって本当ですか?NEW
Q・月次決算をしても、決算直前月の利益と決算額が毎年大きく異なるのであまり役に立っていないのですが。

建設業については、現場ごとの工事台帳の積み上げ計算を行わないと正確な決算書を作成することはできません。 しかし現場別工事台帳からの積み上げによる決算書作成には専門的知識と相当な時間を要するので、一般的にはほとんど行われていません。 当事務所では、TKCシステムの利用を条件に、毎月現場別工事台帳に基づく正確な月次決算書を提供いたします。

→詳しいご相談をしたい方


Q・現場別工事台帳を作成するとどの様なメリットがあるのですか。

 毎月正確な月次決算書が作成できるのは当然ですが、工事現場毎に、売上金額の回収状況、経費の発生状況と支払状況、予算額と実際に発生した経費の比較ができるので、経営のために必要な情報が、毎月タイムリーに把握することができます。

→詳しいご相談をしたい方


Q・最近は不景気で、赤字続きですが現場責任者には危機感がなく、有効な対策が立てられないのですが。
現場責任者に担当した現場の予算額と決算額をタイムリーに提供し、利益が上げられなかった原因を徹底的に追求させ、同じミスを繰り返させないようにし、必要な場合には一部、歩合給を導入するなどの対策が必要になります。

→詳しいご相談をしたい方


Q・決算の数字がでないのに、節税対策や経審対策など本当にできるのですか。
 現場別工事台帳を作成していれば月末の未完成工事現場の一覧表も作成できますので、一覧表に記載した未完成現場毎の予想利益率を経営者に確認することで、 2月先位までの、損益予測はかなり正確にできますので、合法的な節税対策や経審対策をすることが可能になります。

→詳しいご相談をしたい方


Q・経審の評価はかなり複雑そうですが、対策などできるのでしょうか。
 当事務所では経審評価システムを準備していますので、決算直前に経審シミュレーションが可能ですから、有効な対策をすることが可能です。

→詳しいご相談をしたい方


Q・建設業許可申請は税理士に頼むのが一番お得だって本当ですか?
 その通りです
 税理士に建設業許可申請を依頼するメリットには二つの理由があります
  ①申請書には原価計算を要する部分があり、会計の知識がないと正しく作成できない。
  ②単発の仕事での報酬よりも、継続顧問を結んでいる税理士との報酬のほうが費用が抑えられる。
   TSKでは皆様のトータルサポートのために、建設業許可申請も代行しています。

→詳しいご相談をしたい方